気軽に転職できるのが当たり前の社会へ

あなたにおすすめの転職サービス
転職・天職

気軽に転職できるのが当たり前の社会へ

ワークライフバランスが叫ばれるようになって久しいですが、依然として仕事とプライベートの時間に整合性が取れているとは言い難いのが現状です。このような状況になってしまっているのも、ひとえに終身雇用を前提とした労働基準法と新卒一括採用が未だに続けられていることが原因の一つと言えるでしょう。

40年~50年ほど前は経済がどんどん成長していたため、終身雇用制度が非常によく機能していました。しかし、日本が成長して先進国の仲間入りを果たすと、追いつくべきライバルとなるモデルケースがいなくなってしまったのです。

その時には、いい大学を出ていい企業(≒大企業)に就職しさえすれば幸せとされたいたモデルケースも、万能ではなくなってしまっていました。しかし、どうすればいいのかを考えたり、よりよい方法を試したり実行したりしなかったため、現実にそぐわない制度や方法であるにも関わらず、抜本的な変更もないまま今に至ってしまいました。

現状の採用方法や雇用規制は、大企業も労働者もより保守的なやり方しかできず、先々の不安も高まってしまう方法なので、今後の経済成長にも大きな疑問符が付いてしまいます。

また、ブラック企業と呼ばれる違法労働も、今では公になってきましたが、名だたる大企業ですら、現状では満足とは言えない状況です。ただ、これらの企業は給与が支払われるのでまだいい方でしょう。

問題は労働環境が劣悪なまま待遇も改善しない企業が大量に存在することです。この原因の一つとして、労働者の流動性が低いこと、つまり転職が気軽にできる社会ではないことが挙げられます。

昨今の労働問題を解決する有効的な手法として、一生の間に何度も転職するのが当たり前の世の中になることが必要だと私は考えています。

参考ページ:35歳までに2回の転職をおすすめする理由

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

今正社員は過剰に保護されている状態

重要視・ポイント

ブラック企業が社会に存在するのを許しているのは、経営者だけではありません。ブラック企業で働いている労働者や、ブラック企業と知りつつサービスを利用している消費者も、ブラック企業の維持に加担していると言っても過言ではありません。

このようになってしまっているのは、日本の正社員が本来あるべき保護以上に制度上保護されてしまっているのが問題です。

もし、現在進行形でブラック企業に勤めている方は、「そんなバカな!?」と思うかもしれませんが、ブラック企業を生み出している原因の一つに、現行の労働基準法が正社員を過剰に保護していることが挙げられているのは事実です。

現状では、新卒一括採用の際にできるだけ大きな企業に採用されてしまい、その地位を定年まで守り続ける方が、まともに仕事をしてその対価である給与を得るより、やや有利となっています。

そのため、会社でのヒエラルキーが上がれば上がるほど、より保守的な人材になってしまう傾向にあります。また、より挑戦的な人材は同時に失敗も多くするため、会社の人事評価によっては、たとえ優秀であっても出世できないこともあります。

そんな状況になってしまっても、転職することが一般的でない社会で、さらに会社側から従業員の首を切ることが実質不可能となってしまっている現状では、仕事がつまらなく苦しいものであってもしがみついていた方が得に思えるのです。

こうして人材の流動性が悪くなると、転職市場も盛り下がってしまいます。一部のエリート層以外の人材は転職すると条件が悪くなってしまうことが多くなり、より転職市場に魅力がなくなってしまうという悪循環が起こるのです。

その一方で、ブラック企業は従業員の職への不安感を引き合いに、過剰な労働力を要求するようになります。転職する不安感が高ければ高いほど、ブラック企業は得をするようにできているのです。

参考ページ:気軽に転職できる社会になることが結果として全体の給与を適正化する

気軽に転職できるような社会になることで、労働条件の緩和や給与の適正化が進むことに、もっと多くの人が気付くべきでしょう。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

今の時期こそ転職した方が得

天職・理想の仕事

給与の決め方については各企業で独自の手法があるため、会社の事業や社風によって、様々な考え方があります。ただ、ざっくり言えば給与は転職相場で決まると言っていいでしょう。

「同じ条件で転職市場から人材を採用したらいくらになるのか?」これが基準になって給与が決まっていると考えるのが一般的な考え方です。

社内での能力が高ければ高いほど、他社での評価も高くなることになります。いざ転職市場に出れば、信じられないほど高い待遇で引く手あまたということだってあります。転職するという可能性を最初から選択肢に入れていないだけで、より待遇のいい会社に移るチャンスがなくなってしまうことだってあります。

また、待遇の悪い会社からすぐに転職してしまうことだって、自分の身を守るためには必要なことです。こういった感覚は数社渡り歩いている人でないと身につけにくい感覚でもあります。

新卒採用時に大企業に入社しておいた方が有利なことは変わっていませんが、自分の労働条件をよりよくするためには、今では転職を何度かした方が有利となっています。また、会社には合う合わないといった相性もあるため、ある会社では泣かず飛ばずだった人材が、転職をしたとたん急に活躍するようになるということだって日常茶飯事です。

参考記事:自分の幸せに妥協する者が成功することはない

何もしないことを正当化しはじめるのは危険な兆候です。なぜなら、自分の幸せに妥協する者が成功することはないからです。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

未経験からの転職にもおすすめなワークポート

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

IT・WEB関連の転職に強みをもつ転職エージェントであるワークポートですが、総合的に転職を斡旋していることはあまり知られていません。未経験からでも転職が可能な企業が多い点も非常に心強い特徴です。

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』

ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な
『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

求人紹介/書類添削/面接対策/年収交渉など、
1人では不安な転職を【完全無料】でサポート!

▼まずは【転職支援サービス】にお申し込みください▼
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職回数はむやみに増やさない方がいい

転職した方が有利だとは言っても、むやみやたらに転職するのはおすすめしません。ビジネスの世界では、成果を出すのに1年や2年ほどかかるのは普通です。今となってはそこまで重要な考えではありませんが、「3年」という期間もあながち間違った時間感覚ではないのです。

転職するのに適した年齢は30代前半までとされています。この年齢を過ぎると価値観や仕事のスタイルが固定化されてくるため、むしろ新しい環境になじめなくなってきてしまうという事情もあります。

転職市場ではこの点がかなり重要視されているため、35歳を過ぎてからの転職の場合、基本として現状より待遇が悪くなると覚悟しておいた方がいいでしょう。

そして、30代前半の時点で5回以上の転職回数になってしまうと、転職先の評価が却って悪くなってしまう可能性も高くなります。ビジネスに根気強く取り組めないという評価をされる恐れも高まりますし、実際に成果を出しているのかという根本的な評価ポイントで疑いを持たれる可能性もあります。

会社に合わないということもありますから、そういった場合は気にせずすぐに退職するべきですが、できるだけ転職は2年~5年に1回程度にとどめておき、3年~5年は同じ会社で働くように心がけておいた方がいいでしょう。転職する際に重要なのは自分の市場価値です。市場からの評価を高めるようなキャリアを積んでいきましょう。

転職しやすい職業は技術職

手に職とはよく言ったものです。転職しやすい職業の特徴として、資格を必要とする職業や技術職がよく挙げられます。

例えば、病院のような施設では、必要とされる人材も医師、看護師、薬剤師と資格を必要とする技術職です。また、社会的に需要も高い職業ですし、労働者側のプロ意識も強いため、転職が比較的気軽に行われている職種でもあります。

市場としても、今後の高齢化社会を考えれば、まだまだ需要がある職業ですし、資格を取得するのも誰でもできるほど簡単なものではないため、過当競争にもなりにくいというメリットがあります。

こういった技術職は現状でも比較的転職が簡単にできますし、労働者の流動性も高いため、転職市場も活発です。今後は介護士などの職業も転職が容易な職業になっていきそうです。

医師の転職はこちら

医師転職ドットコム

業界最大級の求人数「医師転職ドットコム」
転職された先生の満足度94.7%、
年収アップ率146.6%!

医師
業界最大級の求人数を誇るサイト「医師転職ドットコム」
★転職された先生の満足度94.7%★
★年収アップ率 146.6%★
★転職支援実績30,000名!★
納得いく転職と満足いく採用をご支援します
医者で転職先をお探しの方なら医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」がおすすめです。

看護師の転職はこちら

マイナビ看護師TOP

求人情報は業界最大級で
非公開求人も多い「マイナビ看護師」は
看護師専門の転職サポートです。
専任キャリアコンサルタントが、
あなたの転職活動をバックアップ!

看護師
看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師
「ナースコンパス転職版」は、看護師専門コンサルタントが転職支援!
非公開求人も多数、あなたの希望に沿った職場をご紹介します。
看護師で転職先をお探しの方なら看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師がおすすめです。

薬剤師の転職はこちら

マイナビ薬剤師

薬剤師の転職サポート
マイナビ薬剤師≪登録無料≫
薬剤師専任の転職コンサルタントが
あなたの転職活動をバックアップ!

薬剤師
薬剤師の転職サポート マイナビ薬剤師≪登録無料≫
薬剤師専任の転職コンサルタントが転職活動をバックアップ!
非公開求人も多数あり、あなたの理想の職場や条件をお伝えください。
薬剤師で転職先をお探しの方なら薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

IT・エンジニアの転職を専門とするレバテックキャリア

レバテックキャリア

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】
将来のキャリアを考えた転職サポート!
無理な転職は勧めません。

WEB

優秀なITエンジニアは平凡なITエンジニアの100倍の価値があるとまで言われることもあります。スターエンジニアなら労働時間が少なければ少ないほど報酬が上がることもあるため、今後も成長が期待できるIT・WEBエンジニア専門の転職エージェントであるレバテックキャリアもチェックしておくことをおすすめします。

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】
将来のキャリアを考えた転職サポート!無理な転職勧めません。
WEBエンジニアで転職先をお探しの方ならレバテックキャリアがおすすめです。

フリーランスとして生きていくことを
選択肢に入れてみるのはどうだろう

フリーエンジニア高額案件多数
【ギークスジョブ】

フリーエンジニア専門エージェント
月額報酬100万円に挑戦!
79.6%が契約金額アップを実現!!

自営業

より自由に、より専門的に、より生活に合わせて働くのであれば、自営業(フリーランス)という選択肢もあります。基本的に、会社員として働くのと同程度の仕事をするのであれば、フリーランスとして活動した方が年収は高くなります。

会社員であれば、バックオフィスの存在や事業の継続性など、雇用・収入の持続性に関しては会社側がリスクを負っているため、その分給与としては低くなることもあるからです。ただ、自営業として働くことは、今後の生活が保障されるわけではなく、来月の収入が0になるなんてこともあり得る話です。これは会社員では考えられない状況です。

会社の場合、たとえ倒産するにしても、短くても数ヵ月、長ければ数年の期間を経て、徐々に状況が悪くなってきます。フリーランスの方が市場環境に左右されやすいので、いきなり仕事が0になるということもあり得るのです。

そんなフリーランスの方がリスク低減のため、またはより収入を上げるために利用しているサービスがギークスジョブです。このページをご覧の方にはIT系フリーランス、フリーエンジニアの仕事探しは【ギークスジョブ】もおすすめです。

生き抜いていくための技術を身につける

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

学歴、職歴関係なし。必要なのはやる気だけです。
プロエンジニアなら、短期集中型で
無料でプログラミングを学べます。
さらに、3500件の求人の中から
あなたにぴったりの会社をご紹介。

完全無料
この記事をご覧の方には未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラムもおすすめです。30歳までの方であれば、職歴、学歴は一切問いません。
【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”の記事一覧はこちらです。