気軽に転職できる社会になることが結果として全体の給与を適正化する

あなたにおすすめの転職サービス
ポイント

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

年功序列制度が崩壊して久しいのですが、未だに多くの会社は年功序列制度を採用しています。日本式雇用の特徴である年功序列制度を簡単に説明すると、新入社員をはじめ若い社員に負担を押し付け、老年の社員が果実を取るというシステムになっています。

しかし、今では年功と共に給与が上がるという補償はなく、若手社員も老年社員もほぼ同じ給与で働いているにも関わらず、老年の社員の方が楽な仕事をしているというのが現状です。

なので、若い会社員の方を中心に、自分の仕事が大変な割に給与が低いと感じている人は多くなる傾向にあります。

つい最近電通の若手社員が自殺するなど、大手企業でもこの問題が取りざたされている背景に、日本の雇用がやや固定的であり雇用の流動性が低いことが、現在の多くの労働問題に繋がっているのが見えてきます。

気軽に転職できるような社会になることで、労働条件の緩和や給与の適正化が進むことに、もっと多くの人が気付くべきでしょう。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には「ブラック企業を支えているのは利用者ではなく従業員である」も参考になります。

みなさんお気づきの通り、ブラック企業を支えているのは利用者ではなく、そこで働く従業員なのです。彼らは被害者である一方で加害者でもあります。 こんな現象が起こってしまうのも、労働市場の固定化が原因となっています。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

気軽に転職できる社会になることが
結果として全体の給与を適正化する

労働市場の固定化によるデメリット

デメリット

新卒一括採用で生涯同じ企業で働くモデルは経済成長がほぼ確実であった一昔前の世代、ちょうど30年ほど前の私たちからすれば両親の世代では上手く機能していたと思います。

しかし、少子高齢化とデフレのダブルパンチを食らっている今では、新卒一括採用で優秀な若者を採用しても、若い才能を活かしきれない会社が増えてきています。

さらに、新卒で入社した若手社員は、出世するまでに数多くのおじさん社員が立ちふさがっていることに絶望し、転職しようにもせっかく新卒カードを切って入社した会社が惜しく、なかなか行動できないという方も多いでしょう。

しかし、こういった労働市場の固定化が持つデメリットは計り知れません。

企業のブラック化や給与の低迷に代表される、若者の劣悪な労働条件は労働市場が固定化しているがために起こる問題でもあるのです。

もっと気軽に転職ができる社会ならこのような問題は全く起こらないとは言えませんが、起こりにくくなるはずです。

給与が低いのは多くの人が自分の適性給与を知らないから

知らない

自分の給与が安いと感じている人は多いと思いますが、本当にそう感じるならさっさと転職市場に出ていくべきです。

仮に採用されても辞退することもできるので、転職活動を通じて自分の市場価値を把握しておくということも重要なことです。

給与は仕事の大変さや難しさにも左右されますが、市場の相場にも左右されます。自分の業務内容が、同じ業種の違う会社ではどの程度の給与になるのかをもっと多くの人が把握するべきです。

この相場を知らないがために不当に安く雇われている優秀な社員がいる一方で、大した実績も能力もない社員が高待遇になっているという事実も見逃せません。

給与の適正化がすぐに進まない理由

なぜ・子犬

給与の適正化がすぐに進まない理由の1つに、先に年功序列制度のもとで採用されたおじさん社員の存在は無視できないものとなります。

上から下まで新卒一括採用で採用され、転職も少ない労働環境で育った社員ばかりになってくると、新卒採用の社員に一から仕事を叩き込む以外の教育方法を知りませんし、おじさん社員たちの生活を守るために若手社員に過度な業務負荷をかけるようになってしまいます。

なぜなら、自分たちもそうやってきたからです。

恐らく、同一賃金同一労働が進むと一番困るのは、40代以上の中堅~ベテラン社員の方々です。はっきり言って大した仕事をしていない中堅社員は多いですし、仕事内容の割に給与が高いという疑念は晴れません。

こうしたおじさん社員たちの給与の適正化が進まないと、若手社員の給与の適正化もすすみません。なので、あと10年~20年ほどは、若手社員が苦労する時代が続くと私は考えています。

はっきり言ってばからしいので、少しでも条件の良い会社に転職をしたり、自分で事業を興し起業するという選択肢をもっと積極的に選ぶべきです。

もっと気軽に転職ができる社会になること

重要視・ポイント

労働市場の適正化のためには、気軽に転職できる社会になることが必須です。特に日本企業は年功序列型の雇用を維持しているため、若ければ若いほど労働条件の悪い雇用形態になっています。

海外の企業からオファーもあるような方は、日本企業で勤める倍以上の給与オファーがあることもざらです。これは一部の人たちだけの問題ではなく、今の日本社会全体の問題なのです。

その原因の1つが新卒一括採用と諸外国に比べて異様に低い転職回数です。労働市場が固定化すればするほど、条件の悪い会社が儲かります。ブラック企業がここまで日本に蔓延っているのも、なかなか転職をしない、変化を嫌う国民性が多分に関係しています。

実際に転職をするまでいかなくても、自分の労働市場における価値を確認しておくのもいい方法です。どんどん転職サイトや転職エージェントを利用して自分の市場価値を高めていきましょう。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアかワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。このページをご覧の方には「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない」も参考になります。

社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。