転職サイトで情報を集める前に自分が理想とする労働条件を明確にしておくのがおすすめ

あなたにおすすめの転職サービス
重要視・ポイント

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職を考えるきっかけは人それぞれです。結婚を機に仕事について考え直す人もいるでしょうし、勤続年数がある程度の長さになったところで、自分のキャリアプランと共に見直すという人もいるでしょう。

そんな中、転職サイトに登録しようと思った方は、転職先の情報収集を始める前にやることがあります。

それは転職先の労働条件を明確にしておくことです。労働条件は働く時間や休日のことが主と考えがちですが、給与、ボーナスといった所得に関する条件についてもです。

簡単に言えば、いくらの給与でどれくらい働きたいと考えているのかをしっかり決めておかなければならないということです。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由も参考になります。

今回は、自分のキャリアプランを考える上でも、30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由についてお伝えします。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

転職サイトで情報を集める前に
自分が理想とする労働条件を
明確にしておくのがおすすめ

明確な目的・目標のない転職は失敗する

メリット・ポイント・デメリット

転職では成功する人より失敗する人の方が多いと聞いています。これは最終的な着地点(=目的・目標)を定めないままに転職活動を行ってしまった場合に多く見受けられます。

最終目標が定まっていなければ、どの転職先がいいのか判断することもできません。

また、転職で条件が今よりよくなるというのは稀で、どちらかと言えばどの条件を重視して転職活動を行うのかという話になります。

なので、転職する理由が給与を上げたい(そもそも難しい場合もある)のか、休日を増やしたいのか、勤務地を変えたいのかなど、どういった目的で転職するのか明確にしなければ失敗してしまうということです。

転職することで成し得たいことは何か?

成功・ステップアップ

あなたが転職することで、今の職場では得られなかったものを得たいと考えているはずです。それは何でしょうか?また、それは転職しなければいけないものでしょうか?

重ね重ねになりますが、転職しなくて済むならそれに越したことはありません。また、転職するより少ない労力で自分の目的が達成されるならそれもまたいいことでしょう。

今の職場が嫌だからという理由だけで転職することそのものを目的として転職活動をするのは失敗の危険が高まるためあまりおすすめできません。

ただ、ブラック企業から逃げ出したい一心で転職活動をするというケースもあるでしょうから、転職を優先とした活動も否定はしません。

転職情報を集める前に自分の転職が成功となる条件を決めておく

チェックリスト・リストアップ

明確な目標を定めるのとほぼ同じ意味になりますが、転職が成功となる条件を決めておかないと、ずっと理想の企業を探し続けるということになりかねません。

休日を増やすための転職であれば、年間休日○○日以上を合格ラインとするなど、転職活動を終わらせる目安を作っておくのも大事なことです。

年間休日は多ければ多いほどいいと思いますが、完全週休2日でGW、お盆、年末年始に休暇があると考えれば、120日~125日ぐらいが目安になると思います。

1年は52週ですから、104日+5日間の休暇×5で約120日です。

祝日の休みも取れるなど条件のいいところでは125日~130日なんて企業もあります。ただ、合格ラインの設定としては120日以上としておくのがいいでしょう。

さらに、転職を終わらせる目安は給与、勤務地などのその他の条件についてもある程度目安を作っておかないと苦労します。

例えば、年間休日120日で給与25万の企業と、年間休日125日で給与22万の企業の両方から内定をもらえた場合に、どちらの企業にするかは事前に設定した条件次第だと思うからです。

休日を最重要とするなら年間休日125日で給与22万の企業になりますが、給与水準も重視するなら年間休日120日で給与25万の方が魅力的になるかもしれません。

もしかしたら、頑張って転職活動をしたけど、内定がもらえたのは年間休日115日で給与20万の企業しかなかったとなるかもしれません。

この場合は、このまま転職活動を続けるか、終わらせるかの判断をすることにもなります。このように、先に転職活動を終わらせる目安を決めておかないとその都度迷うことになってしまいます。

過酷な労働条件だったり
病んでしまいそうな場合は
とにかく退職するのもアリ

退職届

今回は転職活動をする前に転職する条件を決めておかないと転職活動自体が失敗する可能性が高いという話です。ただ、過酷な労働条件で休みが全く取れず転職活動どころではないという場合や、精神を病んでしまう寸前で正常な判断ができる最後の機会かもしれないという場合は、とにかく優先的に仕事を辞めてしまっていいと思います。

精神的に病んでしまっている場合や疲労が限界に達している時は、判断力も鈍っているため正常な判断がそもそも難しいというケースもあります。

とにかく自分を大事に、なぜか分からないが仕事が辛いという場合も同様です。疲労などで判断力が失われている可能性があります。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

もっと転職を身近に感じられる社会が求められています。ブラック企業の根絶や労働環境の向上、改善には転職しやすい社会になることが大前提です。その前提があれば残業代0法案なども効果が出るでしょう。現時点ではやや効能に疑問があります。

それでも、価値のある仕事は時間をかけるだけでは生まれません。時給という概念は早々になくしていくべきことなのでしょう。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には仕事を辞めたいと考える根本的な原因はほぼ全てが人間関係にあるもおすすめです。

仕事がつまらないと感じたり仕事が辛いと感じたりした時に、「なぜそう感じるのか」という問いを5回ほど行うと、十中八九人間関係に根本的な原因があるという結論に達します。仕事はどんなことをするかも大切ですが、同じくらい誰とするかも大切なのです。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。