ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

転職サイトで情報を集める前に自分が理想とする労働条件を明確にしておくのがおすすめ

甘川もこ・バツ・デメリット・反対 転職情報
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職を考えるきっかけは人それぞれです。結婚を機に仕事について考え直す人もいるでしょうし、勤続年数がある程度の長さになったところで、自分のキャリアプランと共に見直すという人もいるでしょう。

そんな中、転職サイトに登録しようと思った方は、転職先の情報収集を始める前にやることがあります。

それは転職先の労働条件を明確にしておくことです。労働条件は働く時間や休日のことが主と考えがちですが、給与、ボーナスといった所得に関する条件についてもです。

簡単に言えば、いくらの給与でどれくらい働きたいと考えているのかをしっかり決めておかなければならないということです。

当サイト”天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

このページをご覧の方には「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」も参考になります。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由
転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明確な目的・目標のない転職は失敗する

甘川もこ・バツ・デメリット・反対

転職では成功する人より失敗する人の方が多いと聞いています。これは最終的な着地点(=目的・目標)を定めないままに転職活動を行ってしまった場合に多く見受けられます。

最終目標が定まっていなければ、どの転職先がいいのか判断することもできません。

条件のよくなる転職は稀、自分が何を重視するかが大事

また、転職で条件が今よりよくなるというのは稀で、どちらかと言えばどの条件を重視して転職活動を行うのかという話になります。

なので、転職する理由が給与を上げたい(そもそも難しい場合もある)のか、休日を増やしたいのか、勤務地を変えたいのかなど、どういった目的で転職するのか明確にしなければ失敗してしまうということです。

転職することで成し得たいことは何か?

質問・疑問・なぜ

あなたが転職することで、今の職場では得られなかったものを得たいと考えているはずです。それは何でしょうか?また、それは転職しなければいけないものでしょうか?

転職せずに解決できることなら転職しない方がいい

重ね重ねになりますが、転職しなくて済むならそれに越したことはありません。また、転職するより少ない労力で自分の目的が達成されるならそれもまたいいことでしょう。

今の職場が嫌だからという理由だけで、転職そのものを目的に転職活動をするのは、失敗の危険が高まるためあまりおすすめできません。

ブラック企業からはすぐ逃げた方がいい

ただ、ブラック企業から逃げ出したい一心で転職活動をするというケースもあるでしょうから、転職を優先とした活動も否定はしません。

自分の転職が成功となる条件を決めておく

成約・商談・成功

明確な目標を定めるのとほぼ同じ意味になりますが、転職が成功となる条件を決めておかないと、ずっと理想の企業を探し続けるということになりかねません。

休日を増やすための転職であれば、年間休日○○日以上を合格ラインとするなど、転職活動を終わらせる目安を作っておくのも大事なことです。

年間休日を目安とするなら

年間休日は多ければ多いほどいいと思いますが、完全週休2日でGW、お盆、年末年始に休暇があると考えれば、120日~125日ぐらいが目安になると思います。

1年は52週ですから、104日+5日間の休暇×5で約120日です。

祝日の休みも取れるなど条件のいいところでは125日~130日なんて企業もあります。ただ、合格ラインの設定としては120日以上としておくのがいいでしょう。

第1希望以外の給与・勤務地・その他条件にも基準を作っておく

さらに、転職を終わらせる目安は給与、勤務地などのその他の条件についてもある程度目安を作っておかないと苦労します。

例えば、年間休日120日で給与25万の企業と、年間休日125日で給与22万の企業の両方から内定をもらえた場合に、どちらの企業にするかは事前に設定した条件次第だと思うからです。

休日を最重要とするなら年間休日125日で給与22万の企業になりますが、給与水準も重視するなら年間休日120日で給与25万の方が魅力的になるかもしれません。

条件が達成できない場合にどうするか

もしかしたら、頑張って転職活動をしたけど、内定がもらえたのは年間休日115日で給与20万の企業しかなかったとなるかもしれません。

この場合は、このまま転職活動を続けるか、終わらせるかの判断をすることにもなります。このように、先に転職活動を終わらせる目安を決めておかないとその都度迷うことになってしまいます。

病んでしまいそうな場合はとにかく退職するのもアリ

退職届・辞める・ヒャッハー

今回は転職活動をする前に転職する条件を決めておかないと転職活動自体が失敗する可能性が高いという話です。

ただ、過酷な労働条件で休みが全く取れず転職活動どころではないという場合や、精神を病んでしまう寸前で正常な判断ができる最後の機会かもしれないという場合は、とにかく優先的に仕事を辞めてしまっていいと思います。

精神的に疲弊している時は正しい判断ができない

精神的に病んでしまっている場合や疲労が限界に達している時は、判断力も鈍っているため正常な判断がそもそも難しいというケースもあります。

とにかく自分を大事に、なぜか分からないが仕事が辛いという場合も同様です。疲労などで判断力が失われている可能性があります。

関連記事「鬱を治すには最低でも半年は”何もしない”ことが重要|働いてる場合じゃない!今すぐ辞めろ

鬱を治すには最低でも半年は”何もしない”ことが重要|働いてる場合じゃない!今すぐ辞めろ
今回は、実際に鬱病になり療養した経験のある私が、鬱病が治るまでにどの程度の時間がかかるのか、心身の健康を保つために普段から気を付けておくべきことなどについてお伝えします。

転職サイトはワークポートがおすすめ
コンシェルジュのきめ細やかなサービスが特徴

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

「会社の大きさ≠収入の多さ」になった

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

より不確実な社会になった

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

転職サイトに登録して相場感を養うのも1つの方法

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。

このページをご覧の方には「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない」も参考になります。

仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない
社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。