30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由

あなたにおすすめの転職サービス
面接・リクナビ

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

今回は、自分のキャリアプランを考える上でも、30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由についてお伝えします。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

以前の記事で35歳までに2回転職することをおすすめしています。35歳までの間に2回転職するためには、30歳までに1度転職しておくことがおすすめです。

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由

35歳までの経験でほぼ一生のキャリアが決まる

ステップアップ・人生のステージ

以前の記事「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」でも紹介していますが、転職市場では30代前半、遅くとも35歳までには転職しておかないと雇用条件が段々悪くなってしまいます。

大企業が腐敗してしまう原因の多くに、変化するべき時に変化することができない35歳以上の中堅からベテラン社員が変革に抵抗することがあります。

20代のうちは信じられないことだと思いますが、確かに35歳以上の社員はやや変化に対して抵抗を示すようになります。40代以上ではほぼ確実に変化を嫌うようになり、新しい価値観や新しいやり方など、新しいものに対しても抵抗を示すようになります。

また、20代や30代前半の若手社員と違って、ある程度自分の仕事に対するスタンスや考え方、価値観が決まってしまう傾向があります。

こういった意識の変革を行うのは非常に困難で、こういった状況に対する会社の対応で、その会社が働きやすい場所になるかそうでなくなるかが決まることになります。

採用側や転職サイトの運営者、転職エージェントはこの傾向をはっきり把握しています。なので、35歳以上で年収が上がったり、労働条件がよりよくなる転職というのはかなり難しくなっています。

結婚して家庭を持ったり、子どもが生まれて教育費が必要になると、自分の意思だけでは収入が下がることを決断することはできないでしょう。そうなると、明らかに会社に残る選択肢の方が不利な状況であっても、ズルズルと会社に在籍してしまうことの原因にもなっています。

腐敗した大企業に残っているのが中年の会社員ばかりというのはよくある光景ですよね。

初めての転職には何らかの失敗がつきもの!?

メリット・ポイント・デメリット

初めての経験には高確率で失敗がつきものです。初めてのデートが大成功でそのまま朝まで一緒にいられるなんてことは滅多にないでしょうし、初めての顧客訪問で上司もびっくりするような契約を取ってきたなんてこともまずないでしょう。

初めて経験することで上手くやれるのは一部の天才と運のいい人だけで、大抵の人は経験によって上達するものです。

これは就職や転職でも同じです。新卒で入社した会社が自分の利用とする会社であることは少なく、むしろ働き始めて分かったことのどこかを不満に感じることがあるでしょう。初めて転職した企業でも、しっかり条件を確認していたはずなのに、思っていた働き方と違うと感じてしまうことだってあるはずです。

30代になってから転職をした場合、その転職がプラスとなる最後の転職かもしれません。そういった意味でも30歳になるまでに1度は転職をして外の世界を知っておくのをおすすめしているのです。

会社の常識は社会の非常識
大切なのはバランス感覚

重要視・ポイント

1つの会社に長くいると、一般的な仕事の進め方ではないにも関わらず、会社内では常識とされるような仕事の進め方があることに気付くと思います。

いわゆるローカルルールというやつですが、転職経験の少ない社員ほど、このローカルルールに疑問を抱かないことが多いです。

新卒で入社してからその会社でしか働いたことがないと、一般常識として成立していないことでも、感覚がマヒしてしまうことは往々にしてあります。

仕事で成果が出せる方の多くが持っているスキルに価値観のバランス感覚があります。

ある仕事の進め方が非効率であると感じた時にきちんと発言できるか、または状況を見て何も言わない選択をしてたとしても、そのことに気付いているかは重要なことです。

こういったバランス感覚はもともと持っている人もいますが、何社か経験したことのある方なら大抵自然と身につけることができます。

今後必要になるスキルはどんな状況でも食べていける能力

副業

終身雇用制度が崩壊しているのは誰の目にも明らかです。今後は会社はあくまでもプラットフォームとして働く場を提供するだけになり、稼ぐのは本人の力やチームの力が必要になってくることでしょう。

今の社会人に求められることは、たとえ同業他社や別の業界に行ったとしても戦っていける能力であり、それがなければ会社にしがみつく以外に選択肢がなくなります。

今、多くの中高年がこのまま会社にしがみつくのがいいのか、不利な条件でも転職するのがいいのか迷っていることでしょう。

ある意味彼らも終身雇用制度の被害者ではありますが、ビジネスの世界は弱肉強食、そんな理屈は通用しません。

私たちも自分の仕事に妥協せず、必要であれば転職をしてキャリアを作っていくという気概が求められています。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

もっと転職を身近に感じられる社会が求められています。ブラック企業の根絶や労働環境の向上、改善には転職しやすい社会になることが大前提です。その前提があれば残業代0法案なども効果が出るでしょう。現時点ではやや効能に疑問があります。

それでも、価値のある仕事は時間をかけるだけでは生まれません。時給という概念は早々になくしていくべきことなのでしょう。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には転職回数が5回以上になるのは避けるのをおすすめしますも参考になります。

合わない職場、合わない社風だと感じた時は、できる限り早めに転職を考えることをおすすめしていますが、転職回数が多ければ多いほどいい人材というわけではない点にも注目しておいた方がいいでしょう。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。