ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由

転職サイト・上司・会社 転職情報
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

今回は、自分のキャリアプランを考える上でも、30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由についてお伝えします。

当サイト”天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

以前の記事で「35歳までに2回転職することをおすすめ」しています。35歳までの間に2回転職するためには、30歳までに1度転職しておくことがおすすめです。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由
転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

35歳までの経験でほぼ一生のキャリアが決まる

キャリア・社長・成功者・スーツ姿

以前の記事「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」でも紹介していますが、転職市場では30代前半、遅くとも35歳までには転職しておかないと雇用条件が段々悪くなってしまいます。

大企業が腐敗してしまう多くの原因が、変革に抵抗する35歳以上の中堅・ベテラン社員の存在です。

35歳を超えると変化に適応できなくなる

20代のうちは信じられないことだと思いますが、確かに35歳以上の社員はやや変化に対して抵抗を示すようになります。

40代以上ではほぼ確実に変化を嫌うようになり、新しい価値観や新しいやり方など、新しいものに対しても抵抗を示すようになります。

また、20代や30代前半の若手社員と違って、ある程度自分の仕事に対するスタンスや考え方、価値観が決まってしまう傾向があります。

こういった意識の変革を行うのは非常に困難で、こういった状況に対する会社の対応で、その会社が働きやすい場所になるかどうかが決まります。

転職エージェントはこの傾向をはっきり認識している

採用側や転職サイトの運営者、転職エージェントはこの傾向をはっきり把握しています。なので、35歳以上で年収が上がったり、労働条件がよりよくなる転職というのはかなり難しくなっています。

結婚して家庭を持ったり、子どもが生まれて教育費が必要になると、自分の意思だけでは収入が下がることを決断することはできないでしょう。

そうなると、明らかに会社に残る選択肢の方が不利な状況であっても、ズルズルと会社に在籍してしまうことの原因にもなっています。

腐敗した大企業に残っているのが中年の会社員ばかりというのはよくある光景ですよね。

初めての転職には何らかの失敗がつきもの!?

一見不利に思われたが「そうかな」と答える男性

初めての経験には高確率で失敗がつきものです。

初めてのデートが大成功で、そのまま朝まで一緒にいられるなんてことは滅多にないことからも分かるでしょう。同じように、初めての顧客訪問で、上司もびっくりするような契約を取ってくることもまずないでしょう。

初めから上手くやれるのは、一部の天才と運のいい人だけで、大抵の人は回数をこなし上達します。

転職は数をこなしにくいからこそ早めに経験しておくべき

これは就職や転職でも同じです。新卒で入社した会社が自分の利用とする会社であることは少なく、むしろ働き始めて分かったことのどこかを不満に感じることがあるでしょう。

初めて転職した企業でも、しっかり条件を確認していたはずなのに、思っていた働き方と違うと感じてしまうことだってあるはずです。

30代になってから転職をした場合、その転職がプラスとなる最後の転職かもしれません。そういった意味でも30歳になるまでに1度は転職をして外の世界を知っておくのをおすすめしているのです。

会社の常識は社会の非常識、大切なのはバランス感覚

確認・チェック

1つの会社に長くいると、一般的な仕事の進め方ではないにも関わらず、会社内では常識とされるような仕事の進め方があることに気付くと思います。

いわゆるローカルルールというやつですが、転職経験の少ない社員ほど、このローカルルールに疑問を抱かないことが多いです。

新卒で入社してからその会社でしか働いたことがないと、一般常識として成立していないことでも、感覚がマヒしてしまうことは往々にしてあります。

仕事ができる人は必ず一定以上のバランス感覚を持っている

仕事で成果が出せる方の多くが持っているスキルに価値観のバランス感覚があります。

仕事の進め方が非効率だときちんと指摘できる。また、状況を見て何も言わなかったとしても、仕事が非効率であることに気付いているかどうかは重要です。

こういったバランス感覚は、もともと持っている人もいますが、転職で何社か経験していれば自然と身につけられます。

今後必要になるスキルはどんな状況でも食べていける能力

成約・商談・成功

終身雇用制度が崩壊しているのは誰の目にも明らかです。

今後は、会社はあくまでもプラットフォームとして働く場を提供するだけになり、稼ぐのは本人の力やチームの力が必要になってくることでしょう。

今の社会人に求められることは、たとえ同業他社や別の業界に行ったとしても戦っていける能力であり、それがなければ会社にしがみつく以外に選択肢がなくなります。

選択肢を増やさなかった人たちが必死で会社にしがみついている

今、多くの中高年がこのまま会社にしがみつくのがいいのか、不利な条件でも転職するのがいいのか迷っていることでしょう。

ある意味彼らも終身雇用の被害者ですが、ビジネスの世界は弱肉強食、甘い考えは通用しません。

私たちも仕事に妥協せず、必要であれば転職してキャリアを作っていく気概が求められています。

関連記事「現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて

現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて
終身雇用制度、今では形骸化していることは誰の目にも明らかですが、一向になくなる気配を見せることがありません。それなら、終身雇用制度にはなくしてはいけないほどのメリットがあるのでしょうか?今回は現時点では崩壊している終身雇用制度のメリットとデメリットについて考えます。

転職サイトはワークポートがおすすめ
コンシェルジュのきめ細やかなサービスが特徴

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

「会社の大きさ≠収入の多さ」になった

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

より不確実な社会になった

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

転職サイトに登録して相場感を養うのも1つの方法

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。

このページをご覧の方には「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない」も参考になります。

仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない
社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。