ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

販売員や店員が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由

お金・給料・稼ぐ・費用・金額・計算・料金 仕事について
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

以前の記事でも案内していますが、労働集約型の産業は今後先細りになることが懸念されます。

特に、上記の記事でも紹介した販売員や店員として働いている方は、今すぐに自分のキャリアプランを見直し、行動に移した方がいいとさえ感じています。

今回は、販売員や店員が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由についてお伝えします。

当サイト”天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

このページをご覧の方には「労働集約型の企業にいる限り給与が上がらない理由」もおすすめです。

労働集約型の企業にいる限り給与が上がらない理由
仕事の効率化が叫ばれていますが、いくら技術が向上しAIが進化しても、どうしても人がやらなければいけない仕事もあると思います。ただ、段々人がやらなければならない仕事というものが少なくなっていくであろうことも容易に予想できます。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

労働集約型の働き方は儲からない

お金・給料・稼ぐ・計算・経理

業務の関係上ある程度人手が必要になる職業というのは確実にあります。

スーパーやコンビニの販売員や店員、飲食店のウエイターやウエイトレス、トラックやバス、タクシーの運転手などです。

特殊な免許などの技能が必要なものもありますが、基本的には代わりがすぐに見つかるような単純労働者がメインとなる仕事が労働集約型の働き方です。

もう少しざっくりくくればサービス系の仕事全般が当てはまります。これらの仕事は現状最も労働効率の悪い職種としてデータが出ているぐらいです。

 サービス残業を続けても状況は改善しない

今のところ各人の頑張り(サービス残業なども含む)で何とか凌いでいますが、今後個人の頑張りではカバーしきれなくなるのは火を見るよりも明らかです。

逆に今接客業は販売員、店員に求められていることは、どうやって仕事を楽に回せるように工夫するかを考えることです。

仮に年収200万~250万ぐらいでもやる人がいる仕事にすることが、今求められています。

座ってレジ打ちすることすらできない日本の労働環境

例えばレジ打ちの際は座っていてもいいようにするというだけで、中高年のパートのおばさんにレジ打ちをやってもらうこともできるようになります。

海外のスーパーではレジ打ちは座っているのが普通ですし、小売店で袋詰めはやっていません。

対価に見合わないサービスをいかにやめるか

他にも、接客販売サービスを削ることで、耳が聞こえない人に品出をしてもらう。レジにセルフレジを導入するか、ICチップの自動会計などを導入し、会計のセルフサービス化を促進する。

こういった工夫を行えば、人員の確保が容易になり、人件費を抑えることも可能です。

今サービス業に求められているのは過剰なサービス提供を止めることです。それは技術やAIの活用で問題なくできるところまできています。

参考資料:経済産業省資料:労働集約型サービス産業の生産性向上について

セルフレジが普及するだけで1/4の人員削減が可能

セルフレジ

仮にスーパーのレジを全てセルフレジにするだけでも、約1/4の人員削減をすることが可能です。

未だに中高年の方はセルフレジの利用があまり進んでいませんが、企業側がどちらを向いているかがここでも分かると思います。

今の中高年は個人差もありますが、スマホやLINEを使いこなし、ツイッターフェイスブックインスタグラムに対応できる方から、未だにガラケーを利用し、QRコードが何かも分からない層など様々な層がいます。

10年後には確実にデジタル対応できない層が少数派になる

ただ、これから10年ほど経てば、そういった客層が少数派になっていき、セルフレジの利用やICチップによる自動会計をメインとした店づくりも可能になってくることが容易に予想できます。

Amazonなどは関係各社と共同で、無人の自動会計店舗のオープンを視野に入れているぐらいですから、今後ますます店員やキャッシャー(レジ係)の人的需要はなくなっていくでしょう。

今50代ぐらいの方であれば逃げ切ることもできでしょうが、40代、30代、20代の方は本気で今後のキャリアプランを考えておかないと、職そのものがなくなってしまう可能性も高いです。

現状どれだけリスクが高い状態にいるか分かっていただけたでしょうか?

AIがおすすめのコーディネートを提案する時代

AI・技術・コード・SQL・C++

「ただのレジ係と一緒にするな!私の武器は接客で商品を購入してもらうことだ!」なんて台詞も聞こえてきそうですが、今やAIがおすすめのコーディネートを提案してくる時代です。

ユニクロのような大衆向けアパレルでは、そのうち人間に接客してもらうことができなくなる日だってそう遠くはないでしょう。

実はAIの方が向いているコーディネート提案

アパレルのコーディネートのようなものも、要は膨大な経験とデータからくる提案になりますから、それこそ人間よりAIの方が向いていると考えられる技能です。

人間もトライ&エラーの繰り返しで業務を覚えていきますが、どの組み合せが一番売れるかや、どの客層にどのようなコーディネートが売れるかといった細かいデータでさえ、AIは忘れることなく積み重ねていきます。

接客はAI・品出しは人間となる可能性も

そう遠くない将来にベテランのアパレル店員と同レベルのAIがわんさか出てくることでしょう。

そのため、どんな商品を仕入れるかなどのバックヤードの仕事ぐらいしかアパレル業界では残らないと思われます。

逆に接客を極めて高級店で働く選択肢も

セレブ・高級店

接客業で店員に割り当てられている仕事のほとんどが、AIや機械化でなくなっていく可能性があるとはいえ、逆に接客を極めることで人間にしかできないサービスを提供するという選択肢も出てきます。

今で言うキャバクラのようなものになるのでしょうか。人間の店員が接客してくれるのは高級店だけという未来はすぐそこだと感じています。

人間の接客が高級店専用になるのは早くて5年後

早ければ5年ほどで兆候が見られ、10年程度で本格的な移行が始まり、20年もすれば今の店舗状況からは想像もつかないような光景が広がると予想されます。

その時に、今の労働集約型の企業に努めている社員のうち、半分以上は別の職に転職しなければ仕事そのものがなくなってしまっているでしょう。

まだ余裕はあるとはいえ、5年、10年で動きが顕著になってから動き出すより、予想される現時点から準備をしておいた方が有利であることは言うまでもありません。

関連記事「接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由

接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由
今後5年から10年で接客業へのAIの導入や無人店舗の導入などが加速度的に進むことが予想されます。まだ大丈夫だろうと多くの方が油断している今のうちでしか、好条件での転職が難しくなる時代がやってきます。 今回は、接客業に未来がなく、今すぐ転職先を探すべき6つの理由についてお知らせします。

転職サイトはワークポートがおすすめ
コンシェルジュのきめ細やかなサービスが特徴

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

「会社の大きさ≠収入の多さ」になった

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

より不確実な社会になった

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

転職サイトに登録して相場感を養うのも1つの方法

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。

このページをご覧の方には「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」も参考になります。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由
転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。