【転職サイト比較】リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いと利用方法

【転職情報】気軽に転職できる社会環境を目指して

転職サイト・上司・会社 転職情報
天職に転職だ”では、転職情報仕事観就活・就職独立開業・副業について紹介しています。また、下記のコンセプトで運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
転職サービスの登録もおすすめです。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録を推奨します。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職に関する情報や転職の時に注意しておきたいことなどを紹介します。

気軽に転職できるような環境こそが労働環境の改善に繋がると考えています。環境を変えることには不安も付きまといますが、恐れず進むことが大切です。

スポンサーリンク

労働集約型企業の将来性について

少子高齢化で人口減少が確実な社会では、多数の人員を雇うことが前提の事業は、今後衰退することが容易に予想できます。

労働集約型企業の代表例は小売・運送・飲食です。これらの企業に勤める方は、早急に自身のキャリアプランを見直すことを推奨します。

労働集約型の企業にいる限り給与が上がらない理由

労働集約型の企業にいる限り給与が上がらない理由
仕事の効率化が叫ばれていますが、いくら技術が向上しAIが進化しても、どうしても人がやらなければいけない仕事もあると思います。ただ、段々人がやらなければならない仕事というものが少なくなっていくであろうことも容易に予想できます。

接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由

接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由
今後5年から10年で接客業へのAIの導入や無人店舗の導入などが加速度的に進むことが予想されます。まだ大丈夫だろうと多くの方が油断している今のうちでしか、好条件での転職が難しくなる時代がやってきます。 今回は、接客業に未来がなく、今すぐ転職先を探すべき6つの理由についてお知らせします。

お客様は神様ではないのになぜ言うことを聞かなければいけないのか?

お客様は神様ではないのになぜ言うことを聞かなければいけないのか?
接客をやっていると、毎日とまではいかなくても、週に一度ぐらいは面倒な客を相手にすることがあるでしょう。 この時の対応に少しでも間違いがあるとクレームに発展することもあります。

飲食店勤務の人が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由

飲食店勤務の人が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由
飲食店で働いている方は、今すぐに自分のキャリアプランを見直し、行動に移した方がいいとさえ感じています。今回は、飲食店勤務の人が今すぐキャリアプランを見直すべき4つの理由についてお伝えします。

運送業で働く人が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由

運送業で働く人が今すぐ自分のキャリアプランを見直すべき4つの理由
運送業で働いている方は、今すぐに自分のキャリアプランを見直し、行動に移した方がいいとさえ感じています。今回は、運送業の人が今すぐキャリアプランを見直すべき4つの理由についてお伝えします。

転職活動の前に考えておきたいこと

転職は自分の人生をより豊かにするための一つの手段です。しかし、転職以外に仕事を充実させる方法がないかどうか、今一度考えなおす必要はあるでしょう。

転職しなくて済むならそれが一番楽ですし、結果的に転職するにしても、衝動的に転職するのと、全ての可能性を考慮したうえで転職するのは、雲泥の差があります。

仕事を辞めたいと考える根本的な原因はほぼ全てが人間関係にある

仕事を辞めたいと考える根本的な原因はほぼ全てが人間関係にある
仕事がつまらないと感じたり仕事が辛いと感じたりした時に、「なぜそう感じるのか」という問いを5回ほど行うと、十中八九人間関係に根本的な原因があるという結論に達します。仕事はどんなことをするかも大切ですが、同じくらい誰とするかも大切なのです。

仕事にやる気が出ないのはあなたではなく仕事が悪い

仕事にやる気が出ないのはあなたではなく仕事が悪い
仕事にやる気が出ない、仕事が面白くない、会社に行きたくないと感じるのは、あなたが怠慢なのではなく、さぼり癖があるわけでもなく、単にやっている仕事が悪いのです。

転職を自身のキャリアプランに組み込む理由

日本の労働市場は人材の流動化が不足しています。気軽に転職できない理由の一つに、再就職できるか不安であることがその証左でしょう。

ですが、だからこそ、多くの人が転職をオプションの一つとして考えることの重要性を説きたいです。なぜなら、気軽に転職ができる社会の方が、企業倫理も労働条件も、労働者により有利に変化せざるを得ないからです。

気軽に転職できる社会になることが結果として全体の給与を適正化する

気軽に転職できる社会になることが結果として全体の給与を適正化する
名だたる大企業の不正、電通の若手社員が自殺したり、東芝や日産、神戸製鋼など、これらの不祥事が発生する原因は分かっています。単純に日本の雇用が固定的で流動性が低いことが、多くの問題の本質なのです。もっと言えば、終身雇用と解雇規制が原因です。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由

35歳までに2回の転職をおすすめする理由
転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。

転職回数が10回以上になるのは避けるのをおすすめします

転職回数が10回以上になるのは避けるのをおすすめします
合わない職場、合わない社風だと感じた時は、できる限り早めに転職を考えることをおすすめしていますが、転職回数が多ければ多いほどいい人材というわけではない点にも注目しておいた方がいいでしょう。

転職サイト・転職エージェント比較

リクナビに代表される転職サイトですが、転職を少しでも考える人は、まずはリクナビNEXTに入会するのがいいでしょう。自分が市場でどの程度の評価なのか、一週間もすればオファーで分かります。

実際に転職をするなら、転職エージェントを利用し、より自分に合った条件の職場で働けるようにするのがおすすめです。

【転職サイト比較】リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いと利用方法

【転職サイト比較】リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いと利用方法
私も自分が転職活動をしていた際に、まずリクナビNEXTに登録し、それから情報収集を進める過程でリクルートエージェントの利用に切り替えた経験があります。それぞれのサービスをどのように使えばいいのか、また、サービスの特徴についてある程度理解することができています。

ワークポートは本気で転職を考えている方におすすめのサービスです

ワークポートは本気で転職を考えている方におすすめのサービスです
今すぐ必要ではなくても、すぐに転職できるように準備を整えておくことは、うつ病や過労死から身を守るために必要なことでもあります。今回は、求職者に寄り添う転職サイトを運営しているワークポートの紹介をします。

”天職に転職だ”TOPページに戻る

現状に不満がある方は、手っ取り早く転職するのも一つの方法です。
WORKPORT に登録すれば、エージェントがあなたの転職のお手伝いをしてくれます。
もし、まだ転職するつもりがなかったとしても、リクナビNEXT に登録しておくだけで、自分の市場価値を知ることができます。
タイトルとURLをコピーしました