ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

転職しなければ今の状況が変えられないのか一度考えてみるのがおすすめ

学生・学割・授業 転職情報
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職したい、仕事を辞めたいと思った人が転職を希望する理由の多くは、とにかく現状を変えたいと考えていることが多いです。ただ、それは転職をしなければ変えられないことなのでしょうか?

転職を検討している方や仕事がつまらなく辛いと感じている方も、一度現状を変える方法に何があるのかを考えてみることをおすすめします。

当サイト”天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

この記事をご覧の方には「貯金は半年分の生活費(約100万)は持っておいた方がいい」も参考になります。

貯金は半年分の生活費(約100万)は持っておいた方がいい
今回は社会人の方が持っておくべき貯金の金額について説明します。基本的には半年分の生活費として大体100万円ぐらいが最低金額になります。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大企業なら転職以外の道もある

確認・チェック

大企業にお勤めの方ほど、転職しなくて済む可能性が高くなります。ただ、これは人間関係による問題を解決する場合に望みが高くなるというものです。

労働条件について交渉をしても、昇給などに決まりがあることが多く、こういった点では中小企業の方が融通が効くという場合も多くあります。

会社の人間関係にストレスを感じる人は多い

転職活動を決意する背景には、職場の人間関係が絡んでいることが多くあります。

ただ、人事異動や配置転換を希望することで、苦手な人から距離を置くという解決方法も大企業なら十分現実的な方法になると思います。

逆に、私の家族のように、配置転換で異動した部署の上司と相性が悪かった場合などは最悪です。

大企業は3年~5年で部署間を異動することが多い

大企業の人事異動は3年~5年おきに行われることが多いですから、移動先の上司や同僚、部下との相性が悪かった場合は、そこから3年~5年の間はよっぽどのことがなければ配置転換は起こりません。

同僚や部下と相性が悪いぐらいならまだ我慢できるかもしれませんが、上司と相性が悪い場合は最悪です。私の家族は、この人間関係の面も大きな原因となり、結果的に転職することになりました。

大企業から大企業の転職は比較的簡単にできるので、当人はこの後も1度転職をしていますが、どこも名前を聞けば分かるレベルの有名な大企業でした。

大企業では配置換えによりやりたくない仕事に回されることも

クビ・解雇・公園・ブランコ

これも先に紹介した家族と同一人物の話なのですが、大企業では3年~5年おきに人事異動が半ば強制的に行われることも注意が必要です。

私の家族が勤めていた企業は、当人が入社してから数年でホールディングス体制になってしまいました。そのため、就職活動時には全く可能性として考えていなかった部署で働くことになってしまったのです。

ホールディングスになると何が変わるの?

例えるならイトーヨーカドーに就職したのにセブンイレブンに配属されるようなものです。

ホールディングス体制になってから、当人がやりたいと思っていた仕事とは全く別の仕事が異動によってあてがわれ、さらに上司ともソリが合わないのですからいいことなしです。

無謀な人事をしておきながら辞められたら呼び戻そうとするアホ企業

結局どうしても我慢できずに転職することになりましたが、当人が優秀だったためか、次の転職のタイミングで何度か引き戻しの提案もあったそうです。

会社の体制に問題があって転職した場合は、出戻りはあり得ませんが、よっぽど惜しい人材だったのでしょう。経営者や人事部にいる人はこういった点にも注意して業務をしていってほしいものです。

小さな組織なら社長や取締役に直談判するのもアリ

不正・脅迫・脅し・銃

逆に中小企業だと、配置転換や異動などを行うほどの余剰人員もいないことが多く、ある程度部署が固定化されてしまいがちです。

そのため、人間関係に問題が出てしまった場合、解決するのが非常に難しくなってしまう反面、労働条件の交渉はやや通り安い面もあります。

小さい組織だから有効な直談判

配置転換や部署異動が少ない組織の場合、業務を掌握しているのが担当者になることも多く、いきなり離れられてしまうのは会社としても損失が大きいというケースもよくあるでしょう。

そのため、労働条件をよりよくするのであれば、上司や上役に直談判するだけで、意外とすんなり通ってしまうこともあります。

切り札は最後まで見せないこと

ただ、中小企業の場合は社長の意向次第ともなりますから、無理だった場合は解決不能な問題となってしまう点にも注意が必要です。

なので、いきなり不満を伝えるのではなく、ある程度転職活動に目途をつけてから直談判などを行う方が安全です。

転職先の目途もない状態で会社を敵に回してしまうと、いざ転職活動を始めた時に邪魔をされる確率もかなり上がってしまいます。

内定とまではいかずとも、いざとなったら動けるようにはしておいた方が無難です。

人が絡む問題の場合はなかなか改善しない

クレーマー・電話対応

人間関係のトラブルの多くが解決が難しいものになります。その理由は、他人を変えるのはかなり難しい、というより不可能だからです。

自分のやり方を変えたり、行動を変えたりするのは比較的簡単にできますが、他人のやり方を変えたり、行動を変えたりするのはまず無理です。

相手のことに関しては、決定権が相手に委ねられてしまうので、当たり前ですが自分の意志では変えることができないのです。

人間関係のトラブルは仕組みでしか解決できない

そのため、人間関係におけるトラブルは自分だけで解決するのはほぼ無理です。

良い悪いは別としても相性などもありますから、一概に相手に問題があるとは限りませんし、本人に問題があるとも言い切れません。

大企業のように部署移動や配置転換を行い、仕事に影響が出ない程度の関わりにしてもらうか、中小企業のように労働条件を変えてもらい、内容を我慢できるものにするかなど、対症療法はあります。

どうしても解決できない場合は辞めるしかない

それでも解決できない場合はどちらかが会社を去るしかありません。

とはいっても、相手に会社を辞めるように説得するのは無駄ですから、自分が会社を辞めるのが最も現実的な案になるでしょう。

私は転職に対してそこまで堅苦しく考える必要はないと思っています。ただ、転職以外の解決方法を試すことなく転職してしまうのはもったいないとも考えています。

職場の問題を解決するための転職はあくまでも最後の手段です。まずは転職せずとも解決できる方法を試すことをおすすめします。

関連記事「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない

仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない
社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

「会社の大きさ≠収入の多さ」になった

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

より不確実な社会になった

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

転職サイトに登録して相場感を養うのも1つの方法

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。

この記事をご覧の方には「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」」も参考になります。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由
転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。