ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

35歳までに2回の転職をおすすめする理由

転職サイト・上司・会社 転職情報
スポンサーリンク
みなさんこんばんは。

当サイト”天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観「大企業に就職すれば幸せである」以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職は若いうちの方が有利で35歳を過ぎると条件がどんどん悪くなることは何となくみなさんが肌で感じていることだと思います。

これは事実で、私がリクナビNEXTやリクナビエージェントを利用して転職情報を集めていた際に、転職エージェントから直接聞いた内容なので、まず間違いない価値観です。

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。

厳密には33歳までに2回の転職をおすすめする理由になるかもしれません。

当サイト”天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

この記事をご覧の方には「転職回数が10回以上になるのは避けるのをおすすめします」も参考になります。

転職回数が10回以上になるのは避けるのをおすすめします
合わない職場、合わない社風だと感じた時は、できる限り早めに転職を考えることをおすすめしていますが、転職回数が多ければ多いほどいい人材というわけではない点にも注目しておいた方がいいでしょう。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

35歳を過ぎてからの転職が不利になる理由

甘川もこ・バツ・デメリット・反対

転職エージェントの話によれば30代前半が転職市場で売り手市場になる限界という話をされました。

30代前半なので32歳~33歳ぐらいが一般的な認識、遅くとも35歳までには転職を済ませておいた方がいいという意見になるのは、恐らくどの転職エージェントも変わらないと思います。

この意見に対して、私も「そうだろうな」と強く感じるので、なぜ35歳を過ぎてから(30代前半を過ぎてから)の転職が不利になるのか説明します。

35歳を超えると変化に適応することが難しくなる

まず、個人差はあれど、人間は歳を取るにつれ保守的になり、新しい環境や新しい技術、新しい価値観を段々受け入れられなくなってしまうのが大きな理由です。

20代の方は想像もつかないでしょうが、実際に私が所属していた企業でも、35歳ぐらいを目途に、明らかに社員が変化に適応できなくなっているのを間近で見てきました。

これは私が新卒で就職した従業員200人程度の会社ではほぼ確実に見受けられた特徴ですし、2社目のベンチャー企業ですら35歳以上の社員は考え方や価値観を修正するのに非常に苦労しました。

特に、ベンチャー企業の社員に関しては、私が上司を辞めたうえにさらに会社を辞める間接的な原因になったぐらい、考え方が凝り固まっていたので非常に苦労しました。

若々しい方に共通する「新しもの好き」

一方で、いくつになっても若々しい方も稀にいるのですが、こういった方は新しいものや新しい考え方、新しい価値観にさほどの抵抗がないことが共通点になっています。周りの年齢以上に若く見える方や若く感じる方を思い浮かべてみると、その傾向がよりはっきりと見られるでしょう。

こういった変化は、単に老化という一言で片づけることができるのですが、転職市場では非常に不利な特徴として捉えられます。

変化に適応できる能力が転職に必要な理由

まず、転職先では前職のやり方や価値観とは違う部分が少なからずあるはずです。この点が修正できないとなると、はっきり言って何もしない人より仕事の邪魔になっていしまう可能性が高くなります。

雇用主としても、人員の補填のため新たに採用した人物が、既存の社員の仕事を邪魔してしまうのは望んでいないでしょう。

適応力は年齢と共に下がるのが転職市場では常識

この傾向は個人差があるとは言え、35歳以上の方にはほぼ確実に見受けられる特徴です。

転職市場ではこのことが強く理解されているため、前職より条件を落とした採用条件にしなければ、危険すぎるため採用したくないというのが本音でしょう。

日本の被雇用者は労働法でかなり守られています。雇用主は試しに雇ってみようという判断はリスクが高すぎるためできず、できるだけ間違いのない採用をしようと考えています。

これが35歳以上の転職者が転職市場では毛嫌いされる理由です。

参考資料:高齢期における知能の加齢変化

初めての転職は必ず失敗する!?

メガネ・夕暮れ眼鏡美女

転職するなら30代前半、遅くとも35歳までには転職しておいた方がいい理由は分かっていただけたと思います。でも、それならなぜ2回転職することをおすすめするのでしょう。

初めての就職や転職は失敗する可能性が高い

それは、新卒での就職もそうですが、初めての転職でも失敗する可能性が高いためです。30代になってからの転職は、その転職が最後の転職となる可能性も非常に高くなります。

そのため、転職後に想定外のことがあっても再度の転職に高いリスクが出やすいことになります。多くの人にとっては条件を落とさない限り、再度の転職が難しくなることでしょう。

どんなことでもそうですが、初めて経験することで上手くいくことは珍しいと思います。新卒で就職した会社が自分に最も適した最高の職場であることも少なく、初めて転職した会社が理想の会社であることもまた少ないでしょう。

初めての転職で分かる前職のメリット

私の兄弟姉妹も、新卒で入社した企業から転職した際、前職ではさほど重視していなかったことが転職することで重要だったことが判明していました。

問題となっていたのは年収と労働環境のバランスだったようで、1度目の転職から3年ほどして再度転職をしていました。この時が30代になったところだったため、これからさらに転職することはあまりないと思います。

3社目が最もほどよい環境になりやすい

私も新卒で入社した企業を2年半ほどで退社し、ベンチャー企業の立ち上げから数年関わってきましたが、2社目も自分が理想とする会社ではありませんでした。

転職も検討して情報収集をしたのですが、それなら起業してみようと思い立ち、次のキャリアは起業という選択になっています。

1度の転職では前職では軽く見ていた条件や特徴が、全くない環境になると大切だったことに気付く場合もあります。

3社目の会社が最も自分に合う可能性が高い理由

確認・チェック

新卒で入社した会社で定年まで勤め上げるというのも大変素晴らしいことです。ただ、結婚や出産、育児など、人生のステージによっても自分に適した企業というのは変わってきます。

そのため、学生時代に選んだ企業がずっと自分の人生と相性がいい企業であることは少ないと思います。

新卒の時は仕事の内容に重点を置いて企業を選ぶことが多いと思いますが、30代手前になると結婚などで生活が大きく変化することもあるでしょう。その時に企業側がその変化に対応できないことも多々あるはずです。

1社目のいいところは転職するまで気付かない

そういった場合に転職を選択する方も多いと思いますが、初めての転職では前職では気にも留めていなかった特徴が、転職先の会社に全くなく、それが苦痛になってしまうということもあるでしょう。

企業の実態を2社ほど見て在籍すれば、自分が求める労働環境について明確なイメージを持ちやすくなります。こういったプロセスが3社目の企業に活かされるため、3社目の会社が最も自分に合う可能性が高くなります。

1度も転職しなければ会社の良さすら分からない

もしかしたら、新卒で入社した会社が最も自分に合っていたということが分かる場合もあるかもしれません。ただ、それは別の企業を経験したからこそ分かることでもあります。

何も行動しない方がよかったなんてことには、どんな結果であれならないでしょう。

最も自分に合う会社を見つけるために
30歳までに1度の転職をしておくのがおすすめ

案内・紹介・詳細はこちら

さて、転職するには30代前半、遅くとも35歳までにはしておいた方がいいことをお伝えしました。

また、転職の経験が全くない状態で転職するのは、失敗する可能性も高くなるので、最後の転職は2回目または3回目ぐらいの転職にするのがいいということもお伝えしています。

そうなると、初めての転職は30代までにしておくのがいいということになります。

意外と馬鹿にできない「とりあえず3年」

とりあえず3年、業種によっては5年ほど勤めれば、一通り会社の状況や業界の状況も分かってくると思います。

もちろん、合わないと思ったらすぐに転職することも否定はしませんが、転職回数が10回以上になるのはできるだけ避けた方がいいと思っています。

32歳~33歳、遅くとも35歳でキャリアに対して大きな決断をする時がきます。

その前に、1度転職をしておくことで転職そのものに対する不安を取り除いておくことや、会社の社風や労働条件がどの程度自分の仕事に影響しているのかを知っておくために、転職を経験しておくというのもいいと思います。

関連記事「接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由

接客業に未来はない!!今すぐ転職先を探すべき6つの理由
今後5年から10年で接客業へのAIの導入や無人店舗の導入などが加速度的に進むことが予想されます。まだ大丈夫だろうと多くの方が油断している今のうちでしか、好条件での転職が難しくなる時代がやってきます。 今回は、接客業に未来がなく、今すぐ転職先を探すべき6つの理由についてお知らせします。

転職サイトはワークポートがおすすめ
コンシェルジュのきめ細やかなサービスが特徴

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

「会社の大きさ≠収入の多さ」になった

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

より不確実な社会になった

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

転職サイトに登録して相場感を養うのも1つの方法

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。

このページをご覧の方には「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない」も参考になります。

仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない
社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。