35歳までに2回の転職をおすすめする理由

あなたにおすすめの転職サービス
マッチング・採用

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

転職は若いうちの方が有利で35歳を過ぎると条件がどんどん悪くなることは何となくみなさんが肌で感じていることだと思います。

これは事実で、私がリクナビNEXTやリクナビエージェントを利用して転職情報を集めていた際に、転職エージェントから直接聞いた内容なので、まず間違いない価値観です。

今後転職を検討する方におすすめしたいサービスでもあるので、今回はリクナビNEXTとリクルートエージェントの違いについてお伝えします。

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。

厳密には33歳までに2回の転職をおすすめする理由になるかもしれません。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には転職回数が5回以上になるのは避けるのをおすすめしますも参考になります。

合わない職場、合わない社風だと感じた時は、できる限り早めに転職を考えることをおすすめしていますが、転職回数が多ければ多いほどいい人材というわけではない点にも注目しておいた方がいいでしょう。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

35歳までに2回の転職をおすすめする理由

35歳を過ぎてからの転職が不利になる理由

重要視・ポイント

転職エージェントの話によれば30代前半が転職市場で売り手市場になる限界という話をされました。30代前半なので32歳~33歳ぐらいが一般的な認識、遅くとも35歳までには転職を済ませておいた方がいいという意見になるのは、恐らくどの転職エージェントも変わらないと思います。

この意見に対して、私も「そうだろうな」と強く感じるので、なぜ35歳を過ぎてから(30代前半を過ぎてから)の転職が不利になるのか説明します。

まず、個人差はあれど、人間は歳を取るにつれ保守的になり、新しい環境や新しい技術、新しい価値観を段々受け入れられなくなってしまうのが大きな理由です。

20代の方は想像もつかないでしょうが、実際に私が所属していた企業でも、35歳ぐらいを目途に、明らかに社員が変化に適応できなくなっているのを間近で見てきました。

これは私が新卒で就職した従業員200人程度の会社ではほぼ確実に見受けられた特徴ですし、2社目のベンチャー企業ですら35歳以上の社員は考え方や価値観を修正するのに非常に苦労しました。

特に、ベンチャー企業の社員に関しては、私が上司を辞めたうえにさらに会社を辞める間接的な原因になったぐらい、考え方が凝り固まっていたので非常に苦労しました。

一方で、いくつになっても若々しい方も稀にいるのですが、こういった方は新しいものや新しい考え方、新しい価値観にさほどの抵抗がないことが共通点になっています。周りの年齢以上に若く見える方や若く感じる方を思い浮かべてみると、その傾向がよりはっきりと見られるでしょう。

こういった変化は、単に老化という一言で片づけることができるのですが、転職市場では非常に不利な特徴として捉えられます。

まず、転職先では前職のやり方や価値観とは違う部分が少なからずあるはずです。この点が修正できないとなると、はっきり言って何もしない人より仕事の邪魔になっていしまう可能性が高くなります。

雇用主としても、人員の補填のため新たに採用した人物が、既存の社員の仕事を邪魔してしまうのは望んでいないでしょう。

この傾向は個人差があるとは言え、35歳以上の方にはほぼ確実に見受けられる特徴です。転職市場ではこのことが強く理解されているため、前職より条件を落とした採用条件にしなければ、危険すぎるため採用したくないというのが本音でしょう。

日本の被雇用者は労働法でかなり守られています。雇用主は試しに雇ってみようという判断はリスクが高すぎるためできず、できるだけ間違いのない採用をしようと考えています。これが35歳以上の転職者が転職市場では毛嫌いされる理由です。

最初の転職は微妙な失敗をする!?

メリット・ポイント・デメリット

転職するなら30代前半、遅くとも35歳までには転職しておいた方がいい理由は分かっていただけたと思います。でも、それならなぜ2回転職することをおすすめするのでしょう。

それは、新卒での就職もそうですが、初めての転職でも微妙な失敗をする可能性が高いためです。30代になってからの転職は、その転職が最後の転職となる可能性も非常に高くなります。

そのため、転職後の想定外のことがあっても再度の転職に高いリスクが出やすいことになります。多くの人にとっては条件を落とさない限り、再度の転職が難しくなることでしょう。

どんなことでもそうですが、初めて経験することで上手くいくことは珍しいと思います。新卒で就職した会社が自分に最も適した最高の職場であることも少なく、初めて転職した会社が理想の会社であることもまた少ないでしょう。

私の兄弟姉妹も、新卒で入社した企業から転職した際、前職ではさほど重視していなかったことが転職することで重要だったことが判明していました。

問題となっていたのは年収と労働環境のバランスだったようで、1度目の転職から3年ほどして再度転職をしていました。この時が30代になったところだったため、これからさらに転職することはあまりないと思います。

私も新卒で入社した企業を2年半ほどで退社し、ベンチャー企業の立ち上げから数年関わってきましたが、2社目も自分が理想とする会社ではありませんでした。転職も検討して情報収集をしたのですが、それなら起業してみようと思い立ち、次のキャリアは起業という選択になっています。

1度の転職では前職では軽く見ていた条件や特徴が、全くない環境になると大切だったことに気付く場合もあります。

3社目の会社が最も自分に合う可能性が高い理由

なぜ・子犬

新卒で入社した会社で定年まで勤め上げるというのも大変素晴らしいことです。ただ、結婚や出産、育児など、人生のステージによっても自分に適した企業というのは変わってきます。

そのため、学生時代に選んだ企業がずっと自分の人生と相性がいい企業であることは少ないと思います。

新卒の時は仕事の内容に重点を置いて企業を選ぶことが多いと思いますが、30代手前になると結婚などで生活が大きく変化することもあるでしょう。その時に企業側がその変化に対応できないことも多々あるはずです。

そういった場合に転職を選択する方も多いはずですが、初めての転職では前職では気にも留めていなかった特徴が、転職先の会社に全くなく、それが苦痛になってしまうということもあるでしょう。

企業の実態を2社ほど見て在籍すれば、自分が求める労働環境について明確なイメージを持ちやすくなるはずです。こういったプロセスが3社目の企業に活かされるため、3社目の会社が最も自分に合う可能性が高くなります。

もしかしたら、新卒で入社した会社が最も自分に合っていたということが分かる場合もあるかもしれません。ただ、それは別の企業を経験したからこそ分かることでもあります。

何も行動しない方がよかったなんてことには、どんな結果であれならないでしょう。

最も自分に合う会社を見つけるために
30歳までに1度の転職をしておくのがおすすめ

紹介・案内

さて、転職するには30代前半、遅くとも35歳までにはしておいた方がいいことをお伝えしました。また、転職の経験が全くない状態で転職するのは、失敗する可能性も高くなるので、最後の転職は2回目または3回目ぐらいの転職にするのがいいということもお伝えしています。

そうなると、初めての転職は30代までにしておくのがいいということになります。

とりあえず3年、業種によっては5年ほど勤めれば、一通り会社の状況や業界の状況も分かってくると思います。もちろん、合わないと思ったらすぐに転職することも否定はしませんが、転職回数が5回以上になってしまうのはできるだけ避けた方がいいと思っています。

32歳~33歳、遅くとも35歳でキャリアに対して大きな決断をする時がきます。その前に、1度転職をしておくことで転職そのものに対する不安を取り除いておくことや、会社の社風や労働条件がどの程度自分の仕事に影響しているのかを知っておくために、転職を経験しておくというのもいいと思います。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

もっと転職を身近に感じられる社会が求められています。ブラック企業の根絶や労働環境の向上、改善には転職しやすい社会になることが大前提です。その前提があれば残業代0法案なども効果が出るでしょう。現時点ではやや効能に疑問があります。

それでも、価値のある仕事は時間をかけるだけでは生まれません。時給という概念は早々になくしていくべきことなのでしょう。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由も参考になります。

今回は、自分のキャリアプランを考える上でも、30歳までに1度は転職しておくことをおすすめする理由についてお伝えします。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。