【就活生向け】大企業と中小企業のメリットとデメリットについて

おすすめサービス




メリット・ポイント・デメリット

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する

どうかよろしくお願いします。

就職活動を始めた方は自分がどんな企業に就職した方がいいのかと迷うこともあるでしょう。

私が就職活動をしていたのはもう10年ぐらい前のことになりますが、当時は景気もそれなりによく、新卒社員の募集が多かったように思います。

私が就職してから数年でリーマンショックがあったので、その時に就職活動をしていた方はより苦労をしているのではないかと思います。

さて、私は多くの就活生が大企業にエントリーして面接に挑む中、中小企業をメインとして就職活動をしていました。

それも、私は大企業でも20年後に生き残れるとは限らない、だから今は中小企業でも今後伸びていくような企業に就職した方が勝ち組になる可能性が高い。と考えていました。

就職してから働く期間は大抵の場合今までの人生より長い時間になります。22歳で就職して60歳の定年まで働けば38年もの歳月を働くことになります。

約40年後も残っている会社となると、大企業というだけで職場を選ぶのはやはり危険だと思っています。

結局のところ、主義主張がどうであれ、新卒で就職する時は大企業を選んだほうがメリットが高いという考えになっていますが、今後伸びていきそうな業界に就職した方がいいという考えは変わっていません。

ちなみに、私と私の家族の所属は下記のようになっています。

親・東証一部5万人
兄弟姉妹・1万→1万→3万、いずれも東証一部
私・200人程度の未上場企業→ベンチャー立ち上げ→起業

親兄弟という身近な存在は大企業に勤めていて、私自身は中小企業、ベンチャー企業、起業と企業規模が段々小さくなるというキャリアを経ています。

なので、大企業しか知らない人よりも、中小企業しかしらない人よりも大企業と中小企業のメリットとデメリットについてお伝えできると思います。

今回は就活生向けに大企業のメリットとデメリットをお伝えします。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

もっと多くの人に転職を身近に、そして実際に転職をしていただく機会を増やす助けになればと思い、”Ideal Job 天職に転職だ”を立ち上げました。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

【就活生向け】
大企業と中小企業の
メリットとデメリットについて

迷ったら大企業に行け!
大企業のメリットについて

就職活動をしていたのは既に10年ほど前になります。仕事を始めてか年数も経ち、それなりに社会の荒波に揉まれてきた私の考えとして、迷ったらより大きい企業に言っておいた方がいいというのが正直な感想です。

就活生であれば、自分の興味のある業界や自分の就きたい職種などについての研究はしていると思います。それらの業界、業種について四季報や業界地図などを確認して、1位~5位の企業は受けておいた方がいいでしょう。

大手企業は競争率も高く、学歴が必要になることも多々あります。それでも大企業に就職するメリットはやはり大きなものです。もし主義主張がない、いや主義主張があったとしても、とりあえず大企業に行っておく方がその後のキャリアにおいて選択肢が増えます。

教育

まず大企業のメリットは行き届いた教育です。新卒一括採用はポテンシャルだけを見て採用しているため、実際に仕事をやらせてみたらできないやつだったということも十分あり得ます。

しかし、大企業のいいところは、仮に自分がダメなやつだったとしても、3年~5年仕事していれば、そこそこ仕事のできるやつになれることです。

大企業にはできるやつのデータもできないやつのデータもケーススタディも数多くあります。そして、できないならできないなりに活躍の場を与えてもらえるのも大企業のメリットです。

給与

次のメリットは給与です。やはり大企業なら業界の水準よりやや高めに給与が推移していることが多いです。それ以外にも大企業の場合給与の額面より福利厚生が充実している場合が多いです。

実際、福利厚生が充実しているというのは額面の給与より大事なことだったりします。私は就職活動時に親が口を酸っぱくして「額面の給与より福利厚生を見ろ」と言ってきました。私は結果としてそのアドバイスをあまり聞きませんでしたが、確かに重要なことだと思います。

大企業の福利厚生はそこらの中小企業とは格が違います。たとえば保険であればグループ企業の保険が半額程度の格安価格で利用できたり、全国のレジャー施設と取引があって、何らかの割引券がもらえたり、家賃補助か社宅の提供は当たり前、子育て世代にも嬉しい福利厚生も数多くあります。

なので、大企業の大卒の給与も額面ではその辺りの中小企業の給与と変わらないことも多々あります。ですが、その裏にある福利厚生やボーナスなどで圧倒的に総支給額と可処分所得に差が出るのが大企業なのです。

ちなみに私の兄弟姉妹は就職してすぐの夏に既にボーナスをもらっていました。額はそれほど多くなかったですが、10万円ぐらいは貰っていたようです。2年目ぐらいだったかもしれませんが、冬のボーナスには100万ぐらい出ていたようです。3ヶ月分ぐらいですから、夏冬併せて半年分ほど給与が上乗せされることになりますね。

大企業に勤めている方の年収が高いのはこの辺が理由になります。

人事評価

そしてまだある大企業のメリットは人事組織です。割と嫌われがちな人事ですが、大企業の場合は下手な対応をすると転職されてしまい損失が出るのでしっかりとしたシステムが組み込まれています。

例えば給与の額面なども、相場から大きく外れていたことが従業員に分かってしまうと、すぐに転職されることになります。また、中小企業ではありがちな上役に気に入られれば安心などということもなく、多方面から人事評価が行われます。

また、私が就職した従業員数200人程度の中小企業には新卒の教育プログラムすらなかったのですが、大企業であればそんなことはありません。

大企業を受けるなら40社程度は覚悟すべし

就活生で大企業を希望している方なら、研究職での就職でなければ40社ほどは受けることになると考えておいた方がいいでしょう。私の兄弟姉妹も、私立の大学では最上位ランクだったのですが、それでも就職活動では40社ほど受けて落ちまくるという経験をしていました。

当時は相当へこんでいたようですが、業界でも1位2位を争う企業から内定をもらっていました。現在は転職を2度して別の会社にいますが、どこも大企業です。

なお、当時本人から就活について聞いたのですが、大手企業は公言していませんが、確実に学歴フィルターを持っていると感じたようです。

大企業の面接を受ける場合、3次面接以降はどの企業でも国立大学か早慶上智ぐらいしか残っていないと言っていました。大企業の場合だとエントリーだけで膨大な数になりますから、効率を求めれば自然と学歴でフィルターをかけることになります。

また、所属大学を効かないように面接しても、選考が進み残ったのは国立大学と早慶上智のみとなった例もあるようです。

ある程度優秀であることと、学業で一定の結果を出せることには相関があるようです。

大企業を受けようと考えている人は、最低でも私立ならMARCHまたは関関同立、その他国立大学ぐらいは出ておきたいところです。はっきり言って、この程度であれば努力で何とでもなる部分なので、ここで選外になるようなら別の道を探した方がいいでしょう。

もちろん、学歴と仕事に相関関係があるわけではありません。ですが、面接や採用にも効率が求められる以上、より当たりクジの多そうな中から引こうとするのは当然とも言えます。

大企業でも社風があり、お堅い企業では学歴がないとどうやっても無理なことがありますが、学歴にさほどこだわりがない企業も同じぐらい数があります。

学歴がない場合はエントリーする企業の社風にも注目した方がいいかもしれません。特にメーカー、素材系はやや堅い印象があります。

中小企業でもいい企業はいっぱいある
ただし当たり外れが大きい

大企業にも善し悪しがあり、ただ大きいだけの企業というのも中にはあります。こういった企業は早晩潰れてしまうので、早いうちに転職先を見つけておくのが無難です。

ちなみに、私の後輩で「目の付けどころ」でおなじみの企業から内定が出た子がいましたが、就職した後もちょいちょい話を聞いていると、教育システムもあまりうまく機能しておらず、大企業としてかなりレベルの低い運営をしていると話を聞くだけで感じてしまいました。

予想通り5年ほどして海外の企業に買収されることになりましたが、内部の社員から情報を聞いていた身としては、やっぱりなという感じでした。

そういう意味では、中小企業にも素晴らしい企業はいっぱいあります。ただ、大企業の中にあるダメな企業が半々ぐらいの確率だとすると、中小企業でも素晴らしい企業は全体の5%程度になるでしょう。単純に確率がよくないのです。

それでも、大企業顔負けの福利厚生や給与体系で話題になる中小企業がないこともありません。ただ、中小企業の中の優良企業は欠員がでる確率が極めて低く、採用募集の機会がほとんどないことが欠点です。

どんな大企業も始めはベンチャー・中小企業だった

今では世界的な大企業であるGoogleですら、最初はメンバーも数人で、事務所や社屋などなくガレージから出発したと言われています。日本企業なら任天堂などもそうでしょうか。今大企業となっている企業だって、創業当時は吹けば飛ぶような小さい会社だったのです。

企業で働くのも相性がありますから、大企業で働くのに向いている人や中小企業で働くのに向いている人、ベンチャー企業や起業・スタートアップに適した人など、様々な可能性があるのは言うまでもありません。

自分が活躍できていないのは単純に組織との相性の可能性もあるので、企業規模に捉われず、自分が働きたいと思う企業で働いてみるのもいい選択だと思います。

特に、今後成長する分野のベンチャー企業などに入社できれば、同僚や部下、上司にもライバルが少なく、出世街道を爆走できるかもしれません。

私も就活中はこのような考えで中小企業をメインに活動していました。今では起業して悠々自適に仕事をしていますが、色々な働き方が受け入れられる時代になっていかないといけないとも考えています。

誰もが気軽に転職できる社会になるだけで、労働条件は飛躍的に改善していきます。恐れず転職する方が増えることが私の望みです。

まずはもっと転職を身近にすることが求められています。

天職に転職だ!!

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。

もっと多くの人に転職を身近に、そして実際に転職をしていただく機会を増やす助けになればと思い、”Ideal Job 天職に転職だ”を立ち上げました。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。