会社が帰属意識を求めてくることの滑稽さについて|仕事はお金を得るための手段

あなたにおすすめの転職サービス
結局お金

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

私は仕事についてもっとドライに考えることを推奨しています。もちろん、やりがいや熱意について否定することはありませんが、私はやや懐疑的に見ています。

もし、無収入であったとしてもやれるのが熱意ややりがいだと私は思っていますが、今の仕事でお金をもらえないとなったときにどのくらいの人が残ってその仕事をやり続けるのかは非常に疑問です。そんな酔狂な人はまずいないでしょう。

今回は、終身雇用を前提とした就業システムで求められていた会社への帰属意識が、終身雇用が保証されない今でも実質的に続いていることの滑稽さについてお伝えしていきます。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には「成長し続ける企業に必要なたった1つのこと|「優良企業」「いい会社」とは何か?」も参考になります。

成長し続ける企業に必要なこととは何でしょうか?大企業でも簡単に倒産することを考えれば「規模」ではないことは確実でしょう。いわゆる「優良企業」や「いい会社」と呼ばれる企業について今回は考えていきたいと思います。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

会社に就職するのは会社の理念に共感したから

企業の社会貢献イメージ

まず、なぜ今の会社に就職したのかを考えてみましょう。会社というのはどこにでもありますし、極論を言えば今の会社でなければならないという事業を行っていることも滅多にありません。

強いて言えば、今の会社の事業内容や経営方針、経営理念に感銘を受けた、共感をしたから入社したのではないでしょうか。他に考えられる理由として、企業の製品が好きだからといった理由もあるでしょう。これも会社の理念の一つになると思います。

ただ、恐らく決定的な理由は給与内容や福利厚生、年間休日などの労働条件である人も多いはずです。他にも勤務地や転勤の有無など労働条件にかかわる事項を重要視している人は案外多いです。

新卒の方は面接の際にそれとなく聞きはしても、大っぴらに聞けない場合もかなり多いと思われます。転職で面接を受けている人は、むしろそこが重要なことなので、まず最初に確認しておくことでもあります。

会社で働くのはお金を稼ぐため

結局お金

学生から社会人になる時の就職では、企業選定の際に重視することとして、その事業がだれのために行われているかといった貢献についてや、その事業に参加したいというやりがいだったり、その企業の製品が好きであるといった興味関心、自分の追求したいジャンル(マーケティングや広告、接客など)であったりと、労働条件より社会貢献できるかどうかや自身の興味関心が主な理由になります。

ですが、社会人になりたての頃は大抵の方が独身ですが、数年もすれば結婚をして、10年もすれば子供ができることもあります。こうなってくると、社会貢献の度合いや自分の興味関心より、給与の額や休みがしっかり取れるかどうかなどの条件面を重要視し始めるようになります。

早い人は就活を始める時から自分の将来設計も鑑みて企業選定をするのですが、多くの方が就職してしばらく働いてから自分のキャリアプランや人生のロードマップについて考えることになります。

このタイミングでギャップが発生しやすいので、20代で1回目の転職を経験する方も、大抵は新卒入社の時と今の人生観や生活観、価値観が変化したことが原因になるでしょう。

関連記事「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない

社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。

会社に就職したのは技術やスキルを身に着けるため

スキル・技術・プログラミング

大企業に就職して定年まで勤めるというモデルケースがほぼ崩壊してしまっているので、年収を上げていくということに対してやや消極的になっている方も増えています。そうなると増えてくるのが職種や業務内容に対してプロフェッショナルになろうとする方です。

収入の大きさで職種や業務内容を選ぶ方もいますが、多くの方は自身が好きなことや興味のある分野に関係するスキルを伸ばそうとするでしょう。こういった考え方の人は極論を言えば働く場所はどこでもいいため、社内の行事などに一切興味を示さないことも多くあります。

不当な要求にはNOと言うこと

ポイント

終身雇用が前提となっていた20数年前の採用状況では、会社への忠誠心を図られるような人事や異動も数多くなされていました。マイホームを購入したら翌年単身赴任で地方に飛ばされるなんてことは日常茶飯事でした。

今でもこういった人事異動が行われることがありますが、転職するのも少しずつ容易になってきているので、異動内容の説明をしたら人材が流出したというケースも出てきているようです。

20年前や30年前であれば、企業が終身雇用をほぼ堅実に守っていたので、こういった人事でも従うことが従業員にもメリットのあることでした。ですが、今では終身雇用を保証していないにもかかわらず、同様の帰属意識を会社側が求めてきているのは滑稽極まりないことです。

所詮は仕事ですから、金の切れ目が縁の切れ目になるのは明らかです。自分の人生を守れるのは自分だけです。いつでも転職できるように準備しておくことも、これからの会社員のたしなみとなってくるでしょう。

そうでなければ利用されて使い捨てられるだけです。厳しいようですが自衛しなければ誰も守ってはくれません。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

もっと転職を身近に感じられる社会が求められています。ブラック企業の根絶や労働環境の向上、改善には転職しやすい社会になることが大前提です。その前提があれば残業代0法案なども効果が出るでしょう。現時点ではやや効能に疑問があります。

それでも、価値のある仕事は時間をかけるだけでは生まれません。時給という概念は早々になくしていくべきことなのでしょう。

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。このページをご覧の方には「35歳までに2回の転職をおすすめする理由」も参考になります。

転職エージェントの話では30代前半までが転職市場では価値があると言われたので、大体33歳ぐらいが目途になると思います。ただ、35歳ぐらいまでならギリギリ転職も可能と考え、今回の表題にしています。