仕事が辛い・つまらないと感じるようになった時に見直した方がいい人生の目的について

あなたにおすすめの転職サービス
仕事が辛い・つまらない

みなさんこんばんは。

当サイト”Ideal Job|天職に転職だ”では、転職に関する情報や仕事観について紹介しています。

当サイトは以下のコンセプトから運営されています。
  1. 日本の企業の労働環境をよりよくするための情報を提供する
  2. 日本の労働市場の流動化を促進する
  3. 日本の労働観に大企業に就職すれば幸せである以外の価値観を提供する
どうかよろしくお願いします。

当サイトでは転職サービスの登録も推奨しています。転職はその気になれば3ヶ月ほどで可能なものです。自分の市場価値を確かめるためにも登録しておくことをおすすめします。
無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

さて、仕事が辛い、またはつまらないと感じてしまうことはありますか?もし毎日そう感じてしまうのであれば、一度自分の仕事について考える時間を取った方がいいと思います。

仕事なんてできればしたくないものかもしれませんが、仕事をしなければ、というよりお金を稼がなければ、今の時代で生きていくのは難しいことです。

そして、会社員であれば週5日、休日以外で毎日8時間は仕事をしなければなりません。人生でも多くの時間を占めている仕事の時間の時間が辛くつまらないものであるのはもったいないとも思います。

多かれ少なかれ仕事には辛かったりつまらなかったりする部分はあると思いますが、毎日そのように感じてしまう場合は転職も検討した方がいい兆候です。

今回は仕事が辛い、つまらないと感じるようになった時に見直した方がいい人生の目的についてお伝えします。

Ideal Job 天職に転職だ”はもっと気軽に転職できる社会の実現を目指しています。このページをご覧の方には「WEBライターのヨッピーの書籍「明日クビになっても大丈夫」に学ぶ天職への出会い方」も参考になります。

ヨッピー氏の書籍「明日クビになっても大丈夫」の大きな主張は下の3つなので、何らかの自己啓発本を読んだことがある方には不要なものかもしれません。不要だと思う方に必要なのは行動になるでしょう。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

スポンサードリンク

仕事が辛い・つまらないと
感じるようになった時に
見直した方がいい人生の目的について

人生は仕事をするためのものではない

ポイント

悩んでいる時などは特に気付きにくいのですが、人生は仕事をするためのものではありません。人によって人生の目的は変わってきますが、仕事はあくまでも人生に彩りを加えてくれるものであって、人生そのものになるとは限りません。

時には、仕事そのものが人生において重要な意味を持つものになることもありますが、それは仕事を通じて自己実現ができている一部の人だけの例です。

もし、あなたが今仕事を辛い・つまらないと感じていて、その機会が多いのであれば、自分の人生において重要としていることと、仕事を通じて得られるものの間にギャップがあるのだと思います。

仕事が非常に忙しくそんなことを考えていられないこともあるかもしれませんが、そんな時ほど立ち止まって、自分の人生で大切にしているものが何かを考えることも重要なことです。

仕事はあくまでも生活の糧を得るためのもの

生活の糧・食事

悩んでいる時などは特に気付きにくいのですが、仕事というのは生活の糧を得るための手段です。乱暴な言い方をすれば「仕事はお金を稼ぐ手段」に過ぎません。さらに、会社はお金を稼ぐ場所でしかありません。

ただお金を稼ぐ手段である仕事や、たかがお金を稼ぐ場所である会社に対して、自分の人生を犠牲にしてまで付き合う必要などありません。お金を稼がなければ生活ができないだけで、仕事や会社に対して人生を捧げる必要など毛ほどもありません。

仕事を選ぶ時に重要となるのは給与もそうですが、福利厚生や労働条件も同様に重要です。また、どのような仕事をするかやどの業界で仕事をするか、どのような経営理念を持つ企業で仕事をするかも、どれも重要なことです。

どうせ働くならより自分が納得できる職場で働いた方がいいでしょう。世の中には色々な仕事があるし色々な会社があります。

人生で何を重要視しているかによって
取るべき選択肢は変わる

重要視・ポイント

あなたが人生で重要視していることは何でしょうか?もしかしたらお金という人がいるかもしれませんが、最も重要視していることがお金である人は少ないと思います。

趣味の時間が重要という方もいるでしょうし、家族や恋人と過ごす時間が重要という方も当然います。お金を稼ぐことが重要という方もいると思いますが、そのお金を使って何かをしたいという方がほとんどでしょうから、その何かが重要なのだと思います。また、起業家や経営者の方の中には、仕事そのものが重要だという方もいるでしょう。

こういった考え方はどれも尊重されるもので、どれが良くてどれが悪いというものではありません。ただ、「あなたはそう考える」というだけのものです。

参考までに私の考えを紹介します。

私は仕事の内容より、どれだけ自分に権限があるかを重要視しているようです。100%とまではいかなくても50%以上が自分の思い通りにならないとストレスを感じるようです。

キャリアを見直してもその点は明らかです。新卒で就職した会社は従業員200名程度の中小企業で、新卒の私でもある程度好きに仕事をすることができました。ただ、1年ほど仕事をしていくうちに、その会社でできることに限界を感じてきました。

それで転職をしたのですが、次の会社は最初の企業よりさらに規模の小さいベンチャー企業でした。社長からスカウトされて就職した企業のため、前の会社よりもかなり権限が増え、仕事もやりがいのあるものでした。

現在は起業し、独自に事業を運営しているのですが、この選択をしたのも自分の思い通りになる部分を大きくした結果だと思います。

人生のステージによって重要事項は変化する

ステップアップ・人生のステージ

同じ人でも人生のステージによって重要視することが異なることもあるでしょう。結婚して転職したり退職したりする人が多いのもこの理由によることが多いです。

特に女性の場合は妊娠・出産を機に仕事に対する考えがガラッと変わることも多く、バリバリのキャリアウーマンだった人が大企業をさっさと退職して専業主婦になるといったことも多く見受けられます。

これには都心部で働きながら子育てをするのが非常に大変であることも原因だと思いますが、人生のステージが変わることで、自分が重要視していることが変わったことも大きな原因です。

私も独身時代は仕事がより挑戦的であることや自身の成長を最重要事項として就職や転職をしていました。ただ、結婚を機に仕事とプライベートのバランスを取るような考え方になっていっています。

会社員という安定した立場を捨てたのも、収入面やプライベートの時間を重視した結果です。もちろん、仕事の内容や会社の方針が私の考えと齟齬が出始めたのも原因ですが、最も大きな理由は人生のステージが変わったことです。

今の日本で会社員として働く場合、「正社員」か「派遣・パート・アルバイト」ぐらいしか働き方の選択肢がありません。正社員で働く場合、仕事時間は1日8時間の週5日勤務が基本で、週3日勤務や1日6時間労働などの選択肢が取れる企業は少数派だと思います。

また、フレキシブルな働き方できることも稀で、1ヶ月休暇を取るとか半年ほど育休を取るなどといったことも正社員として働く場合難しいことが多いです。

そして、派遣やパート、アルバイトとして働く場合はこれらのことが実現できることが多いですが、職が安定しないことや給与の低さが今度は不満の種になってしまいます。

これらを総合的に考えて、ワークライフバランスを取るために独立という選択肢が最も現実的だったのでそうしましたが、このような働き方が許容される会社が増えていかないと、今後正社員として働くメリットはどんどんなくなっていくと感じています。

このような社会を実現するためには、より多くの人が転職を身近にすることで、労働市場の流動化を促し、企業にもより魅力的な労働環境を用意させることが必要だと考えています。

私たちの子どもたちが働き始めるころにはよりよい労働環境が選べる社会になっていることを切に願っています。

天職に転職だ!!

ワークポートの転職コンシェルジュ

『ひとつでも多くの可能性を追求できる、
専門性の高い転職相談サービスを提供します』
ワークポートでは、業界出身者や業界に精通した知識豊富な『転職コンシェルジュ』が転職活動の様々な要望に応えます。

オススメ

私が会社員のメリットを十分に理解しながら、最終的には独立という選択肢を採ったのも、仕事と報酬について考えた結果、独立した方が得であると判断したからです。

昔は、仕事をするならある程度の規模の組織であることの方が有利でした。なので、多少損であっても会社員として働いた方が結果として得でした。ですが、今では組織の大小が必ずしも成果に直結しなくなってきています。

会社組織の運営や、そのあり方について、もう一度よく考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

一生同じ会社で働くつもりの人も、将来独立しようと考えている人も、転職や起業という選択肢を全く無視することはできない時代です。もしかしたら会社が倒産してしまうかもしれませんし、ある日突然リストラされることになるかもしれません。

どんなにその会社が好きであっても、転職や独立の可能性を視野に入れながら行動するクレバーさが求められています。自分の給料が適正かどうかを調べる最も簡単な方法として、転職サイトに登録して他の会社からどのようなオファーがあるか見てみるというのがあります。

外の世界を知るという目的だけでも転職サイトに登録をする価値は十分にあると私は考えます。登録するなら、大手のリクルートキャリアワークポートが業種を問わず転職先を探すことができるのでおすすめです。

特に社会人としての経験もある方はエージェント形式の転職サービスを利用するといいでしょう。このページをご覧の方には「仕事なんて所詮は金もうけの手段にすぎないということを忘れてはいけない」も参考になります。

社会人の方なら一度は聞いたことがある台詞の1つに「仕事でやっているのだから我慢しろ」などという意味不明なお叱り、提言があります。 かくいう私もよく同僚から言われるのですが、たかが金もうけの手段にすぎない仕事に対してなぜこちらが我慢をしなければいけないのか意味が分かりません。
このページをご覧の方におすすめの無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。